ゲーム紹介
戦闘システム
 

ここでは、「ヴィーナス&ブレイブス」の
特徴ある戦闘システムを紹介します。

〜ローテーションバトルシステム〜


〜招喚精霊〜

 
独特の戦闘モード 〜ローテーションバトルシステム〜
『ヴィーナス&ブレイブス』の戦いの根幹をなすのが、『7(セブン)〜モールモースの騎兵隊〜』から継承された、この「ローテーションバトルシステム」です。
これは縦3横4の枠内に最大7人までキャラを配置、ターン制で前後の隊列を入れ替えて戦う、独特のシステムです。
 
  前列が直接戦う列。

中列は前列の攻守を助ける列。

後列は回復を行なう列です。


例えば、前列で戦うキャラが傷付いた時に、ローテーションを行なうと、それまで前列にいたキャラは後列に回り、他の列が代わって一歩前に出ます。

この時、後ろに下がったキャラが回復能力を持っていれば、減った体力を回復することができる訳です。
 

このゲームにはバラエティに富んだ17種類もの職種があり、それぞれが異なった特徴を備えています。

どの職種も、どの列にいるかで、異なる能力を発揮しますし、同じ職種でもひとりひとり、能力に差があります。
さらに、時間と共にその能力は増減するのです。 ひとりで完璧、というキャラはいません。

彼らの能力を活かし、また補い合うことで、より大きな力と戦略が生まれる、それが「ローテーションバトルシステム」なのです!

     
「たったひとつの正解」というものはありません。
あなたがよしと思い、勝つことができれば、それが「正解」なのです。
こだわりと戦略で、あなただけの騎士団を築き上げてください!
     
  職種紹介へ  
 
 
〜戦闘パラメータ〜
 
※右のアーチャーが中列の時、間接攻撃が可能なことを示しています。
左のヴァルキリーは、前に神官がいるので攻撃できません。
 
HP
体力を表わす数値です。攻撃を受けることにより減少します。

攻撃力
前列で敵にダメージを与える数値です。

素早さ
攻撃の素早さを表わす数値です。
(戦闘では、敵・味方を問わず、この値が高い者から順に攻撃を始めます。)

間接攻撃
中列に間接攻撃の力を持つ職種の仲間を配すると、中列から敵に攻撃してくれます。この能力は、前に他のキャラがいると発揮できません。

攻撃補助
中列に攻撃補助の力を持つ仲間を配すると、直前の仲間の攻撃力を補って高めることができます。

防御補助
中列に防御補助の力を持つ職種の仲間を配すると、直前の仲間が攻撃を受けた時に、そのダメージを軽減してくれます。


自回復
後列で発揮され、自分自身のHPを回復します。

列回復
後列で発揮され、同じ列の自分以外の仲間のHPを回復します。
 
       
 
※僧侶が中列の時、前列のアーチャーに対して攻撃補助能力がある事を示します。

 
       
 
※神官が後列の時、同じ列に居るブラッドに対して回復能力を発揮できる事を示します。
   
       
 
上へ
 
戦いの切り札 〜招喚精霊〜
 
戦闘を通じて、キャラクター達は互いに絆を深めていきます。
彼らの間で友情が一定以上の強さになると、「招喚精霊」が降臨し、力を貸してくれるようになります。
 
         

精霊に祝福された2人の仲間を戦闘に参加させ、ローテーションフェーズ中に“□ボタン”を押すと、強力な「招喚攻撃」を行うことができます。

     
    ひとつの友情に対し、一度の遠征中につき一回しか使えませんが、ここぞという時の心強い味方です!    
         



■招喚精霊の種類

友情状態になった職種によって、8種類の招喚精霊が降臨します。



◆ユニコーン


敵へのダメージと共に、
その戦闘の間、前列全員の最大HPを2倍にします。
 
◆モールニー◆


敵へダメージを与えると共に、さらに死の呪いをかけます。
 
◆ウンディーネ◆


敵へのダメージと共に、仲間全員のHPを最大HP分回復します。
 
◆インフェルノ◆


敵へダメージを与え、
さらにその次の攻撃フェーズの間、敵を行動不能にします。
 
◆エアリー◆


敵へダメージを与え、
さらに前列全員をクリティカルチャージ状態にします。
 
◆ラキシュ◆


敵へのダメージと共に、さらに石化させます。
 
◆アマノミツルギ◆


敵へのダメージと共に、前列全員の素早さを2倍にします。
 
◆ファフニール◆


敵へのダメージと共に、さらに死亡した仲間を復活させます。
 
上へ
 
ストーリーへ
「キャラクター」へ
戦闘システムへ
「騎士団イベント」へ
「クロニクルモード」へ
「ネットワークモード」へ