[ 2004
.2.16 ]

こんにちは、大魔女のヴィヴィよ! このページはネットワークモードで公開していたピクチャーブックをより多くの人に見てもらうための場なの。

更新もとうとう今回で終わり。なんだか寂しいけど、まだ最後の一冊があるからね。それじゃ早速いくわよ!

第11回配本『小さな奇跡』
なんと今回は全四章一挙に大公開! これまで読んでくれたみんなへの、あたしからの最後のプレゼントだよ。
みんな一年間ありがとう、またね!

   
 

"PlayStation BB"ナムコチャンネルでも公開中!
そうそう、ここと同じでピクチャーブックを公開しているナムコチャンネル。 こちらも次回で最後の更新。
そこで『最後の妖精の歌』の残り三章分『小さな奇跡』全四章を一挙公開! 
とっても凝った素敵なページだから、"PlayStation BB Unit"を持ってる人はぜひ見てね! うふ!

 
  (大魔女ヴィヴィ)  
  『小さな奇跡』
(第11回配本)
遠い昔に作られ、ずっと王都を守ってきた石の門。その門が見た騎士団とその戦いの行方は……? いくつもの時代を見守り続けた老いた城門の物語。
読む
[第1章]
[第2章] [第3章] [第4章]
 
  『最後の妖精の歌』
(第10回配本)
女神のお付きとして地上にやってきた妖精フィニー。人間の愚かさ醜さにうんざりしていた彼が出会った意外な相手とは……? 地上に妖精がいた最後の時代の物語。
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章]
 
  『不滅の炎』
(第9回配本)
燃える冒険心に衝き動かされ、教会を飛び出した若き僧侶。しかしひとりの男との出会いが彼の運命を大きく変えて……?
読む
[第1章]
[第2章] [第3章] [第4章]
 
  『常夜の街の小さな陽』
(第8回配本)
ひとりで生きていこうとする健気な少女マキ。でもスクーレは弱い者に容赦しない街。そんな彼女の前に現れた小さな影は……? 巫女マキの幼い日々の思い出。
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章] 
 
  『なぞなぞ小僧と涙の巨人』
(第7回配本)
なぞなぞ好きのいたずら三人組ブーブ・ポロ・カプー。今日もなぞなぞ合戦をしようと出かけたところ、村人の様子が変で……。温かみのある絵本風の掌編。
読む
[第1章][第2章] [第3章] [第4章} 
 
  『山賊亭繁盛記』
(第6回配本)
都で評判の料理屋さん。商売繁盛にも関わらず、なんとなく物足りなさを感じていたところに、おかしな客がやってきて……? クイズ形式の一風変わった掌編。
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章}
 
  『金の代価、誇りの対価』
(第5回配本)
闇ギルドきっての凄腕ニンジャ・ユマ。ギルドで見かけた未熟な魔女に苛立ちを覚えるも、なんと次の仕事はその魔女に関係することだった! 果たしてユマの選択は!?
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章
 
  『凍てつく時の首飾り』
(第4回配本)
突然現れた依頼人は幽霊だった!? いやがるオルガを引きずって、不気味な廃墟を訪れたレオとミレッタがそこで見たものは……?
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章]
 
  『隼志義絵巻』
(第3回配本)
少年スルギが警護を仰せつかった市長の娘は、とんでもないワガママ娘だった……!?
幼き日の剣豪の悩みと成長の物語。
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章]
 
  『魔女の帽子と銀の花』
(第2回配本)   
修行時代のヴィヴィが、お師匠様に命じられてお使いに。
もちろん一筋縄で行くはずもなく、次々と降りかかる災難の嵐。
果たして顛末はいかに?
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章]
 
  『大アクラル競武会』
(第1回配本)  
ひょんなことから騎士団に入り、大会に参加することになった少年騎士。果たして彼の明日はどっち?
ネットワークモードの世界観をつづった掌編。
読む
[第1章] [第2章] [第3章] [第4章]
  『◆◆◆ご案内◆◆◆』
操作や注意についてのヴィヴィの解説本です。いつでも読むことが出来ます。随時、内容が追記されます。
※Venus-Webで公開する予定はありません。
 
 
 ネットワークモードで毎月1冊追加される絵本です。ゲーム本編で語られなかった様々なストーリーが展開していく予定です(※2004年2月13日をもって終了しました)
 どのブックも章で区切られており、先の章を読むためにはポイントが必要です。ポイントは「オンライン対戦」「ランキング掲示板」をプレイすることで得ることができます。
   
  ※ポイントは常に最新のブックに自動的に割り振られます。過去の未読のブックを最後まで読むためには、それ以降に追加されたブックを最後まで読んでいる必要があります。

※ブックのポイントはポイントバトルランキングのポイントと別のものです。