「ふぅ、やっと着いたぁ!」
 思わずそうつぶやいた。まさかこんなに遠いとは。ちょっと道に迷ったっていうのもあるけどね。祖父さんが荷物を預けたという町、というよりも村かな。まだ、あちこちに林や公園が残ってるし、空気もきれいだ。

「やっと着いたぁじゃないわよ! あたしが探しただけでアンタは何もしてないじゃない! あたしは美味しい物を食べさせてもらうために来ただけで、町探しをさせられるなんて聞いてないわよ!」
 う、また怒りはじめてる……。

「い、いや、でもここまでくればもうすぐですから」
 こんなことこの人には言えないけど、お祖父さんの日記に書いてある町は見つかったものの、どの家に預けたかまでは分かっていないんだ。急いで探さないと何をされるか分からないぞ。

僕達はすぐに近くの公園のベンチに座って、お祖父さんの日記を読み始めた。
「何々? 『魔物に追われて走った。なんとしてもこのキノコだけは持って帰り、最高の料理を作り上げたかったのだ』」
 最高の料理か。よっぽど、そのキノコに自信があったんだなぁ。えーと、それはともかく、どこに隠したって書いてあったっけ?
【公園の出口を出て、
林に突き当たった所で左折した】

 公園って何個もあるけど。
【その後、左に曲がれる最初の道を左折した】
 んん? 分かりにくいなぁ。 
【もう一回、左に曲がれる最初の道を左折した】
 もうちょっと整理して書いておいてよ。
【その道の左側にある『赤い家』の主人に預けた】
 うわ、あの人の視線が冷たい! お祖父さん、頼むよ!
「で、その荷物を預けた『赤い家』ってのはどこよ?」
「えーと、この地図を見れば……。あっ!」
日記に挟まっていた当時の地図。手に持とうとしたら、それがバラバラに破けてしまったんだ。かなり古いものではあったけど、なにもこんなときに……。

「い、いや、大丈夫です。すぐに探しだしますから!」
「そうね、期待し・て・る・わ・よ!」
 ……あの目は絶対怒ってる。急いで目的の家を探さなきゃ、僕も店の大テーブルみたいに粉々に砕かれちゃうかも!?

◆問題◆
下の地図の絵を見て、食材を預けた家を探して、
ココ だと思う家の記号(A〜E)をクリックしてください。

◆ヒント◆

【公園の出口を出て、
林に突き当たった所で左折した】


【その後、左に曲がれる最初の道を左折した】

【もう一回、左に曲がれる最初の道を左折した】

【その道の左側にある『赤い家』の主人に預けた】

 

   
E B C A D