第8回
9月6日更新

皆さん、こんにちは。
Venus-Webディレクターの鈴木貴晴です。

8月も終わり、開発の方も順調に佳境に入ってきました。
「皆さんに楽しんでもらえるものをお届けしたい!」と、スタッフ一同、毎日がんばっております。

さて、今後ゲームの全貌が徐々に明らかになっていくとは思いますが、そろそろ「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」の秘密(?)のひとつを公開しましょう。

今回の作品では、キャラクター同士の人間関係が物語の重要な要素のひとつになっています。

キャラクターの感情を表現するには、「声」は非常に効果的です。
そこで今回、それぞれのキャラクターを声優さんに演じて頂きました。

今週は、その声収録の模様を、少しご紹介しましょう。

どんな声優さんが、どんなキャラクターを演じているのか?』は、また、このコーナーでご紹介出来ると思います。




都内某スタジオで行われた収録風景です。

各種テストで、機材の準備をしつつ、収録ブース内の声優さんに指示をおくります。

右下がヴィーナスプロジェクトの、ディレクター川口。

ここが、声優さんの入る収録ブース。

名演技の数々が生み出される部屋です。

台本や、飲み物が確認できますね。
 
ミキサー卓のエンジニアさんたちも真剣です。

台本とセリフのチェックや、録音に関する調整などを絶えず行います。
 
ヴィーナスプロジェクトのスタッフらも見守るなか、声優さんの演技がスタジオに響きます。

長いストーリーの一部とはいえ、いいシーンの演技には、皆、感激&感動。

僕は、ホントに泣きました‥。(笑)
 
今の声が使えるか、すぐに収録したものを再生して確認します。

ノイズなどの確認はもちろんですが、演技的にどうだったかも重要なポイントです。
 
ディレクターのOKが出れば、そのシーンはフィックス。

緊張のほぐれる一瞬です。

キャラクターや、物語のイメージと合わない時は、何度もリテイクを掛けます。

このような流れで、次々とシーンの収録が行われて行きます。
 

こうして、声優さんらの素晴らしい演技によって、新たな魅力を得た「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」を、是非ご期待ください!