第16回
11月1日更新




こんにちは、プロデューサーの川島です。

メールマガジン「ヴィーナス通信 女神のことづて」でも少し書きましたが。

つい最近山形市内にある「東北芸術工科大学」で、未来デザイン学系ゲームデザインコースの講義、「ゲームデザイン分析論」の特別講師(なんか、すごく偉そうですが・・・)として、RPGについて少し話をさせてもらう機会がありました。











水の中に浮かんでいる感じで、すごくきれいな大学です!
しかも、なんとこの大学では、ゲームについて専門に学ぶコースがあるのです!

良いな〜。

私の学生の頃に、こんな学校があったら、いろいろ苦労しなかったのに〜。

ああ、なんかみんな学生さんです。
(ってあたりまえ)

私も8年ちょっと前は、こんな感じだったのだろうか・・・、思えば遠くへきてしまったものです。

みんな若い。

少しうらやましい・・・。
 

そして皆さん、すごく熱心!

なんか、ちゃんと話を聞いてるんだもん。

みんな偉いです!

ちょっと感動しました。
 


自分の学生の頃は、授業中はほぼ寝てたので、なんと言うかスゴイです!

ごめんね。

こんな私が、調子に乗ってしゃべっちゃって・・・。

 

指導されている白神教授と、学生の皆さんです。

この中から、未来のスターゲームデザイナーが誕生する(?)・・・かも!?




授業の後ほんの少しだけ、学生の皆さんと話す機会を持たせてもらったんですが、なんだか、みんな綺麗でした。(変な感想かな?)

目とか顔つきとか、怖いものしらずで純粋な・・・、
そう、きっとあの年齢独特の感じ・・・眩しかったです。

みんな、がんばれ!
(・・・俺も、がんばろうっと。)


「ヴィーナス&ブレイブス」の制作も、だいぶ佳境に入りました。

皆さんに楽しんでもらえるゲームになるように、制作に当たっているスタッフも、学生の皆さんに負けないくらいの情熱で、最後のラストスパートをかけているところです。

あともう少しで、皆さんにお届けする事が出来ると思います。

もうちょっとだけ、待っていて下さい。


それでは、また。




■東北芸術工科大学
http://www.tuad.ac.jp/