第18回
11月15日更新



皆さん、こんにちは。

11月に入って、寒さが一段と厳しくなって来ました。
風邪などひかないように、健康には気を使ってくださいね


さて、今週は対談(雑談?)企画の第五弾をお送りします。

今回は、「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」のキャラクターデザイナー高橋守と、ナムコ・アクションパズルゲームの決定版!「ミスタードリラー」シリーズのキャラクターデザイナー、マッキーこと篠崎香織の対談が実現しました!


その模様を、ご紹介しましょう。








ナムコが誇る、キャラクターデザイナー二人の話とは・・・?
 
マッキー:良き”1年”先輩の高橋守(以下マモル)さ〜ん、なんか最近面白いことないっスか?
マモル:おう!良き”1年”後輩のマッキーじゃん、久しぶり!じゃあ、対談でもする?
※高橋守は8年目社員、マッキーは7年目社員。2人は、ずっ〜と同じ部署で働いてきた1年違いの先輩と後輩という間柄。

マッキー:え〜!?いいッスよー(あっさり)。
マモル:お、相変わらず軽いノリだ。(笑)

そうそう、「ミスタードリラー ドリルランド」の仕事はもう終わった?

マッキー:もう大体終わったっスよ。
マモル:いつ発売だっけ?

マッキー:12月20日発売です。クリスマスプレゼントに、是非買ってください!



「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」

キャラクターデザイナー:高橋守(タカハシマモル)




 
マモル:オレもゲームキューブ持ってるからね、もちろん買おう!

そういえば、マッキーも「ミスタードリラー」シリーズの仕事始めてから長いよね〜、もう何年になる?

マッキー:プロジェクトの立ち上げたときから数えると、もう4年になるかな〜。
マモルさんは「7(セブン)〜モールモースの騎兵隊〜」(以下:セブン)と、「ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜」(以下:ヴィーナス)を含めて何年ですか?

マモル:オレは、え〜っと、3年半…だ! 長いなぁ〜、お互い。
オレは、世界観でつながりのあるものをやるのは「ヴィーナス」が初めてなんだよね。

マッキーは「ミスタードリラー」シリーズをたくさんやってるじゃない?
前から聞きたかったんだけど、シリーズものでキャラクターデザインをするときに、何か気をつけてることってある?

マッキー:「ミスタードリラー」は当初、シリーズ化すると思ってなかったんですよー。
だから、後でデザインを変えたくなっても変えられないところが、辛いところですねぇ・・・。
シリーズ物と決まってなくても、いつシリーズになってもいいように考えておくといいと思いますよ。

マモルさんは、「ヴィーナス」で気をつけてるところや、苦労したところってありますか?

マモル:「ヴィーナス」は、「セブン」とはキャラクターのタッチをガラリと変えたんだ。
「セブン」では、"絵本"というキーワードを意識して4頭身のかわいいタッチのキャラクターだったけど、「ヴィーナス」の"絵本から劇場版へ"というコンセプトのもと、キャラクターを8頭身にしたんだ。
「セブン」でデザインした職種も再登場するから、同じデザインで4頭身から8頭身に変更するするのは結構悩んだよ。


「ミスタードリラー」シリーズ

キャラクターデザイナー:篠崎香織(マッキー)




 
マッキー:なるほどー!
確かに、小さい頭身で合わせていたキャラの頭身を上げるのって一苦労ですよね。
私も「ミスタードリラー」の1作目〜2作目で少しだけ頭身上がったんだけど、その時は苦労しました・・・。

私、元々頭身が高いキャラも描くのですが、マモルさんみたいに色々なキャラが描けるのって、ちょっと羨ましいです。

マモル:うん、ありがたいことに、何作かキャラクターデザインをやらしてもらったけど、毎回タッチを変えてるから飽きないし、新しいタッチを身に付けられる面白さもあるよ。

でも、ときどき「これぞ自分のタッチ」っていうものをとことん追求したいって思うこともあるよ。
ゲーム業界だとジャンルによってタッチを描き分けなきゃいけないから、それをやるのはなかなか難しいんだけどね。

ときどき自分のタッチがわからなくなるんだ。

今回もユーザーから「キャラクターデザイナーが変わったんじゃない?!」って言われたりしたよ(苦笑)。
マッキーは作風がちゃんとあるから、それは羨ましいというか憧れるよ。



『ミスタードリラー ドリルランド』
Nintendo GAMECUBE用 ソフト
(C)NAMCO LTD.
 

マッキー:いや、私の場合は不器用なだけですよ。
たまたま自分にあった良い企画に巡り逢えたのです。
守さんは、きちんとゲームごとにあわせてタッチを描き分けられるので、「すごいなぁ」と毎回尊敬のまなざしで眺めております。
今回の、「ヴィーナス」も素敵だと思います。

ところで、・・・ハンサムキャラが増えたように感じるんですが、何か理由はあるんですか?


マモル:ハンサムキャラが増えたように感じるのは、頭身があがってデザインがリアルになったからかな?

「ヴィーナス」のストーリーは、長い歴史の中で、様々な人間達の愛と友情と闘いのドラマが繰り広げられるんだ。
結構ヘビーな内容も描かれたりするので、よりキャラクターの感情が「
プレイヤーにストレートに伝わるように。」と思ってリアルタッチにしたんだよ。

それと「ヴィーナス」では、恋愛や友情などの人間関係をシミュレートする新システムが追加されたので、自分の騎士団の隊員たちが恋愛したり、結婚したりするんだ。

だから、ハンサムなキャラや美人のキャラをたくさん登場させて、たくさん恋愛してもらわなくちゃいけないのさ!




『ミスタードリラー ドリルランド』
Nintendo GAMECUBE用 ソフト
(C)NAMCO LTD.
 

マッキー:ふむふむ、なるほど!面白そうなシステムですね!!
「ヴィーナス」のキャラクターには、私好みな素敵なキャラもいるので、結婚できるように遊んでみようかなぁ〜、楽しみになってきました!

マモル:ところでマッキーは、このゲーム業界でこれから何かやりたいコトとかあるの?
マッキー:ありますよー。壮大な夢と野望が!
今は話せないけど、将来実現する日が来ると嬉しいです。
ウフフフフ・・・(不敵な笑い)

ところで、そんなことを聞くマモルさんには、なにか野望はないんですか?

マモル:あるよー!俺も!ナイショだけどね。
マッキー:お互い思わせぶりですねぇ〜。

マモル:でも、今は「ヴィーナス」の追い込みで、一日も早くユーザさんにゲームを届けられるよう、全力投球するよっ!!!

マッキー:私は、もう作り終えてしまったんで、あとは皆さんに買っていただけるよう祈るばかりです。

マモル:オレも祈ってます!今日はどうもありがとう!






なんと、両キャラクターデザイナーが
イラストバトルを実施!

お互いのゲームキャラクターを、独特のタッチで描きあった作品を紹介します。



「ヴィーナス&ブレイブス」キャラクターデザイナー
高橋守が描く、
「ミスタードリラー」主人公ホリススム。


※画像をクリックすると大きい画像で見れます。


「ミスタードリラー」シリーズ、キャラクターデザイナー
マッキーが描く、
「ヴィーナス&ブレイブス」
主人公ブラッド、女神アリア、大魔女ヴィヴィ。


※画像をクリックすると大きい画像で見れます。






 
ナムコ・アクションパズルゲームシリーズの決定版、最新作!

「ミスタードリラー ドリルランド」

Nintendo GAMECUBE用 ソフト
2002年12月20日発売予定
価格 : 6,800円



商品情報はコチラへ。



オフィシャルページはコチラへ。